SHOP in ENGLISH Mail Magazine

TRUE・SAFE・PURE ドーピング禁止物質が混入されていないか、ラベルの表示、純度、力価は正確か、第三者機関によるテストで証明。

TSPマーク

TRUE・SAFE・PURE ドーピング禁止物質が混入されていないか、ラベルの表示、純度、力価は正確か、第三者機関によるテストで証明。

アスリートの皆様に安心してご利用いただくための検査プログラム「TSP」

TSP (True. Safe. Pure)はサプリメントの検査プログラムで、TSPマークのついている製品は高品質の基準に則って製造され、かつ特定の禁止物質に対する試験に合格したことを証明しています。したがってプロアスリートにも安心して使用して頂けることを保証しています。

市場に出ているサプリメントの中にはWADA(世界アンチドーピング機関)やその他スポーツ団体が禁じている低濃度のステロイドや興奮剤で汚染されている製品があることが調査により明らかにされています。

このリスクを防ぐために世界有数のドーピング検査研究所の協力を得て、弊社ボディプラスインターナショナルが設立した制度がこのTSP承認プログラムです。

Q.TSPの検査対象となる物質は何ですか?

製品を汚染する恐れのある物質や、スポーツにおける272種類の禁止薬物はもちろん、処方箋、市販薬、そしてスポーツ分野で禁止されていない不法薬物も含めた211種、計483種類もの物質を検査対象としています。

Q.TSPはWADA禁止物質リストにある全ての物質を検査するのですか?

WADA禁止物質リストに掲載されている全ての物質をTSPプログラムでは検査しておりません。これは、どの研究所でもそれを行うことは難しいという以下の理由に所以しています。

1) WADA禁止物質リストは「オープンエンド(無制限)」もしくは最終版ではありません。リストではアナボリック剤や関連物質及び禁止使用法のみを分類して掲載しており、禁止物質の全てをリストアップしているわけではありません。

サプリメントの汚染検査をする際、このリストをチェックリストとして使用することはできません。これは、今までに検査あるいは使用されたことのない、新たな薬物による汚染などを分析することができないためです。

2) 物質の中には体内で他の禁止物質へ変換されるものもあります。WADAで実施されている尿検査で検出された禁止物質が、サプリメントや食品に含まれた他の汚染物からの変換物質である場合もあります。このような物質は検査することができません。

WADA禁止物質リストのすべての物質を検査することは難しいですが、TSPプログラムはWADAの科学部門が開発した禁止物質リストに基づいて検査を行っています。したがってTSPマークの付いている製品はサプリメント使用時のリスクを大幅に防ぐ基準となっています。

***

通常、業者から購入する原料には分析証明書が添付されており、この証明書で品質保証は十分としているメーカーもあります。多くの場合、大手メーカーや老舗の供給業者の分析証明書は非常に正確で製品の品質も一貫しています。

品質にこだわる弊社では、業者から原料と分析証明書を受け取った後、信用のおける独立検査機関で再検査を行っています。HALEO・バルクスポーツの製品はバクテリア、溶媒残留物、その他の汚染物の含有レベルなどの検査を実施し、弊社の定める品質基準に合格しない品は返品されます。このような検査を実施しているメーカーはあまり見受けられません。

お客様が安心してご利用いただけるような製品開発に私どもは取り組んでおります。

TSPプログラムで純度と品質を証明し、全ての情報を開示。

TSPマークのついた製品は、第三者機関によるテストを通過し、WADAが決定する主なドーピング禁止成分を含まないことが証明されています。

その他、安価な代替成分を使っていない事を証明する「原料の原産地証明」と 「サプリメントの純度、ラベル表示の正確さ」も証明されています。

バルクスポーツ・ハレオ商品の証明書はこちら

科学顧問委員会メンバー

各界の著名なメンバーで構成される弊社の科学顧問委員会から、常に最新の客観的なアドバイスや学術的情報の提供を受けています。

  • ラルフ・イェガー

    ラルフ・イェガー 医学博士

    Dr. Ralf Jaeger

    FISSN、CISSN、MBA、スポーツ栄養士、国際スポーツ栄養学会会員、JISSN及びThe National Strength and Conditioning Association(ナショナルストレンクス&コンディショニング協会)編集委員会メンバー

    発明者であり、機能食品及びサプリメントに関する講演で数々の賞を獲得。異なるスポーツのプロチーム、エリートアスリート、オリンピック選手などのコンサルティングも行う。ウィスコンシン州を拠点とする国際的コンサルティング会社有限会社インクレノヴォの共同設立者、ストレス下におけるパフォーマンスを改善する機能栄養食のリーダー、有限会社IQプラスフーズ社長。スポーツ栄養学、脳、関節、心臓、胃腸の健康に関する数々の論文執筆。

  • 永富 良一

    永富 良一 医学博士

    Dr. Ryouichi Nagatomi

    東北大学大学院医工学系研究科教授 / 昭和59年東北大学医学部卒・医学博士 / 日本体育協会公認スポーツドクター /日本アンチドーピング機構メディカルオフィサー

    運動・スポーツ医科学の専門家、安静の弊害を説き、子どもから高齢者まで、虚弱者からスポーツ選手まで、体力および運動を通じた健康づくりの研究を推進している。健康維持増進のための運動、骨粗鬆症・ねたきり予防のための運動トレーニング、日常生活活動・スポーツ活動の携帯型センサーによる新しいモニタリング方法の開発に携わり、骨格筋の損傷・修復のメカニズム、トレーニングによる変化、運動・ストレス時の免疫系の変化などを主要な研究テーマとしている。

  • 佐藤 雅幸

    佐藤 雅幸 教授

    Prof. Masayuki Sato

    専修大学教授(スポーツ心理学) / ヨネックススポーツ財団 評議委員 / 日本テニス協会上級指導員スポーツ心理学講師 / 日本ブラインドテニス連盟顧問 / 日本テニス学会副会長

    大学ではスポーツ心理学、心理学特殊講義、スポーツ科学論そしてテニスの講義を担当。プロスポーツ選手に対してエンカウンターグループ、アサーショントレーニング、交流分析の理論を応用してメンタル・サポートを行っているほか、修造チャレンジテニストップジュニア育成のメンタルサポートスタッフとしても活躍している。

  • ジョン・べラルディ博士

    ジョン・べラルディ 博士

    Dr. John Berardi

    ウェスタンオンタリオ大学より博士号取得。運動生物学および栄養生化学専攻。 現在、非常勤講師としてテキサス大学オースティンキャンパスで運動科学の教鞭をとる。 職歴 カナダ全国クロスカントリースキーチームおよびカナダアルパインスキーチームのパフォーマンス栄養管理を指導。また、エリートアスリート、スポーツチーム、ならびにオリンピックトレーニングセンターなどのパフォーマンス栄養管理コンサルタントとして活躍中。

  • エリック・セラノ医学博士

    エリック・セラノ 医学博士

    Dr. Eric Serrano

    カンサス州立大学卒業、カンサス大学で医学博士の学位を取得。

    長年の臨床医としての経験と実世界での経験から得た博士の専門知識は非常に幅広く、セラノ博士には世界各国のエリートアスリートからパフォーマンス向上の アドバイスを求める依頼が殺到する。クライアントはNFL、NHL、MLBのみならず、75を超える多岐にわたるチームの無数のエリートアマチュア選手から成っている。博士自身も熟練したアスリートであり、パワーリフティングではいくつかの記録を樹立している。 現在オハイオ州立大学で家庭医学の教授を務める。

第三者機関での検査結果

第三者認定機関による検査結果を全て公開しています。安全で最高な品質と純度を皆さん自身の目で確認し、安心してお使い下さい。

PROTEIN

AMINO ACIDS

MISCELLANEOUS